トップ > 裁判員制度が導入された場合 > 裁判員に選任された場合

裁判員に選任された場合

裁判員制度は、国民が裁判に参加することにより、裁判の進め方や、その内容に国民の視点、感覚が反映されることになり、裁判自体に国民の理解が深まり、司法や法律の専門家たちが、より身近なものとして信頼も高まる、ということが期待されています。
この制度での裁判員は、衆議院議員の選挙権を持っている人の仲から、選任されることになっています。
裁判員制度の裁判員は、日本国籍がない人は裁判員になれないの?という質問も多数よせられているようですが、日本国籍のない人は、裁判員に選任されることはない、ということになります。

裁判員に選任された場合に、今回の裁判員制度では原則的に辞退することはできません。しかし70歳以上や、学生、生徒、地方公共団体の議会の議員、5年以内に裁判員や検察審査員などの職務に従事した人や、1年以内に裁判員候補者として裁判員選任手続きの期日に出頭した人、一定の理由のある人などは辞退することができます。
やはり気になるのは、裁判員制度が導入された場合、今までの裁判と違いはあるのでしょうか?という転です。今までの裁判との違いは、スムーズな裁判が行われるように、法廷での審理が始まる前に、裁判官、検察官、弁護人の3人で、事件の争点や証拠を整理し、明確な審理計画をたてるための手続きがある、というところに違いがあるようです。

聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
この記事のカテゴリーは「裁判員制度が導入された場合」です。
裁判員制度は地方裁判所で行われる刑事事件に導入され、裁判員制度の対象事件は一定の重大な犯罪になります。刑事裁判の控訴審や、民事事件、少年審判などは裁判員制度の対象にはならないようで国民の意見を取り入れるのにふさわしい、そして関心の高い犯罪に限って裁判員制度を取り入れて行うようになりました。
関連記事

裁判員制度とは

裁判員制度、つまり、国民が裁判に参加する制度、というのは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど、世界的に実施されている制度でもあります。国民が裁判に参加する、ということは、裁判が身近で分...

裁判員に選任された場合

裁判員制度は、国民が裁判に参加することにより、裁判の進め方や、その内容に国民の視点、感覚が反映されることになり、裁判自体に国民の理解が深まり、司法や法律の専門家たちが、より身近なものとして信頼も高まる...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「裁判員制度が導入された場合」です。

この記事のカテゴリーは「裁判員制度が導入された場合」です。

カテゴリー
おしらせ