トップ > 裁判員制度が導入された場合 > 裁判員制度とは

裁判員制度とは

裁判員制度、つまり、国民が裁判に参加する制度、というのは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど、世界的に実施されている制度でもあります。国民が裁判に参加する、ということは、裁判が身近で分かりやすくするとともに、司法に対する国民の信頼向上へとつながることをメリットとした制度になります。
新しい制度である裁判員制度では、衆議院の選挙権を持っている人の中から選任され、裁判所に来るように呼ばれます。それに際して正当な理由もなく行かなかった場合は、10万円以下の過料に処せられる場合があります。勝手に裁判員に選任されたからといって、裁判所に行かずにいると大変なことになりますので、呼び出しがあった場合は速やかに出向くようにしましょう。
せっかく選任されたにも関わらず、どうしても仕事の都合などで、裁判員制度の裁判員を辞退したいと思う人がいると思います。この場合は現在の仕事でどれほど自分が重要な位置を占め、抜けることによって多大な損害がでるというような場合にのみ辞退できる可能性があるとのことですが、普通にただ辞退したいとか、仕事が忙しいから辞退するということは厳しいようです。
最後に、裁判員制度を象徴するシンボルマークがあるのを知っていますか?裁判員制度に国民が親しみを持てるよう、作られたのが裁判員制度のシンボルマークです。今度実施される広報活動などにも、裁判員制度のシンボルマークは登場する予定のようです。

聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
この記事のカテゴリーは「裁判員制度が導入された場合」です。
裁判員制度は地方裁判所で行われる刑事事件に導入され、裁判員制度の対象事件は一定の重大な犯罪になります。刑事裁判の控訴審や、民事事件、少年審判などは裁判員制度の対象にはならないようで国民の意見を取り入れるのにふさわしい、そして関心の高い犯罪に限って裁判員制度を取り入れて行うようになりました。
関連記事

裁判員制度とは

裁判員制度、つまり、国民が裁判に参加する制度、というのは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど、世界的に実施されている制度でもあります。国民が裁判に参加する、ということは、裁判が身近で分...

裁判員に選任された場合

裁判員制度は、国民が裁判に参加することにより、裁判の進め方や、その内容に国民の視点、感覚が反映されることになり、裁判自体に国民の理解が深まり、司法や法律の専門家たちが、より身近なものとして信頼も高まる...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「裁判員制度が導入された場合」です。

この記事のカテゴリーは「裁判員制度が導入された場合」です。

カテゴリー
おしらせ